20代から始める超健康習慣ブログ

25歳元国家公務員の僕が伝えたい20代から始める健康習慣作り

コロナ禍で肌荒れになる人急増中!マスク長時間使用が原因?対策は?

f:id:esse2957:20200505223019j:plain



コロナ禍の自粛生活も長くなりました。外出時に欠かせなくなったマスクですが、マスクの長時間使用による「肌荒れ」でお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?



さすがに僕も、マスクをつけすぎて、肌荒れしています。今日は、そんなマスクの肌荒れの原因と対策についてご紹介します!



こんにちは!
元国家公務員のいさむです。



GWもあっという間に残り2日となりましたね!
GW前に買いだめていた食料も少なくなって、これから買い物に行く人が多いのではないかと思うので、マスクについて考えてみました。

 

 

 

1.マスク肌荒れの原因とは?

マスク肌荒れの原因は、様々な要素が関係してますが、主に摩擦と蒸れが考えられます。

 

(1)マスク肌荒れの原因は肌との摩擦?

マスクをすると、どうしても肌と繊維が擦れあってしまいますよね。それにしっかりと密閉することを意識すると、あごや頬、鼻は、常に繊維と触れていることも多くなります。


摩擦による刺激は、肌のバリア機能を低下させるので、思った以上に細菌や雑菌が肌に入り込みやすくなってしまうそうです。


特に、免疫力が低い人は、傷ついたところから細菌が入って、炎症を起こす原因にもなりかねないので、要注意です。


(2)マスク肌荒れの原因は蒸れによる雑菌の繁殖?

マスクの中は半密閉空間となっており、湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい環境となってます。


このため、口内の雑菌が呼気によってマスクに付着した際に繁殖します。雑菌の繁殖は、ニキビを悪化させるだけでなく、マスク内に嫌な臭いが充満するので、本当に困ってしまいますね。


 

2.マスク肌荒れ対策はどうすればいい?

それではマスク荒れを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか?

 

(1) マスク肌荒れ対策には刺激の少ないマスクを選ぶ

まずは肌に優しい素材を使ったマスクを選ぶのが良いですよね。最近では、オーガニックコットン100%のマスクもありますが、全国的に品不足が続いてましたが、通販で購入できるようです。



 

 

(2) マスク肌荒れ対策には肌との間にコットンやガーゼ等を入れる

肌の摩擦を防ぐためには、マスクの間にコットンやガーゼなど肌に優しい柔らかいものを挟むのも効果的ですね!


これなら、マスクを変えなくても、中のものを取り替える事が出来るので、マスクを長持ちさせることも出来そうですよね!


(3) マスク肌荒れ対策にはマスクを外す時間を作る

マスクを長時間つけることによって、顔が蒸れた時には、周囲の人に配慮した上で、マスクを外し、顔の汗やマスクの湿りを拭いたりすることも有効です!



いかがだったでしょうか?
マスクの品切れが続き、同じマスクを長期間使う事が今後も増えてくることが予想されます。



絶対に必要だからこそ、それによる弊害は少しでも抑えていきたいですよね!マスクとうまく付き合って、この状況を乗り切っていきましょう!



最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました✨